タイトル
つつじが丘防災福祉コミュニティ

家庭でできる防災対策 (つつじが丘防災福祉コミュニティ 2019年8月版)
つつじが丘土砂災害・水災害に関する危険箇所図
家庭での保存する備蓄品チェックリスト(つつじが丘防災福祉コミュニティ)


防災福祉コミュニティとは

阪神淡路大震災のような大規模災害に対応するためには、住民のみなさんと協力しながらすすめなければできないことがたくさんあります。 例えば、大火災に発展しないように火災を初期の段階で止めるとか、発災直後に近隣の方々を救助するなど、 消防隊員が到着するまでに対処することによって被害を最小限にすることができます。

震災から得た大きな教訓、普段の助け合いの絆が、いざという時に大きな力を発揮します。 常日頃から地域のみんなが協力して消火活動や救助活動にあたれるように自主的な防災活動を行う組織として つつじが丘防災福祉コミュニティを組織しました。

地域内で活動する自治会、ふれあいまちづくり協議会、民生委員、児童委員、子ども会、つつじクラブの役員や 班長そして小学校の先生などで構成されています。

平常時には防災意識の啓発、防災知識の普及、防災資機材の管理、防災訓練等の活動を行うとともに、 災害発生時には火災情報の収集および伝達、初期消火、救出・救護、避難誘導、給食・給水等の災害対応活動を行います。



組織図